トップ  > 体のトリセツ(取扱説明書)  > 体のトリセツ(取扱説明書) 第12回;しゃっくりを治す
診療時間
 9:00~18:00
(お昼休憩) 13:00~14:00

水曜は19:00まで
診療いたします。
 
休診日
 木曜・土曜の午後
日・祝日
 
TEL
 092-752-2092

お問い合わせ先

〒 810-0001
福岡県福岡市中央区天神4-4-30
天神西江ビル1F

  • 電話:092-752-2092
  • FAX:092-752-2092

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

体のトリセツ(取扱説明書) 第12回;しゃっくりを治す

 しゃくりがなかなか治らないで、困ったことはありませんか。研修医の時、しゃっくりにはランドセン(抗けいれん薬)がよく効くと言っていた先輩がいました。しかし、患者さんがしゃっくりになった時、ランドセンを使っていましたが、全く効かなかったようです。
 しゃっくりには、鍼灸が有効なことが知られています。しゃっくりは、精神的な原因で起きることが多いのです。この場合、まず内関穴を選びます。治りが悪い場合は、水溝穴を選びます。
 冷たい食物を食べた後にしゃっくりが起きたら、上脘と中脘穴がいいかもしれません。内関や上脘穴を使っても治らないなら、合谷と隔兪穴を試してみましょう。有効なら、ランドセンが効くかもしれまん。  
 自分で経穴を刺すことは出来ませんが、指で押し揉みして見ましょう。
効果は弱いかもしれませんが、試してみる価値はあります。

 

at 2017/11/11 13:13:36