トップ  > 糖尿病専門医、傷寒論を読み解く  > 今日中に風邪を治してください No4 2020,7.28
受付時間

 9:00~12:30 

14:00~17:30


水曜は18:30まで
受付いたします。

休診日
 木曜・土曜の午後
日・祝日
 
TEL
 092-752-2092

お問い合わせ先

〒 810-0001
福岡県福岡市中央区天神4-4-30
天神西江ビル1F

  • 電話:092-752-2092
  • FAX:092-752-2092

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

今日中に風邪を治してください No4 2020,7.28

 桂枝湯とはいかなる方剤なのでしょうか?真皮に集まった邪気を排泄するため、微小循環系や汗腺の活動が増し、発汗します。条文12では、陰弱と表現しています。発汗しているのに風邪が治らないのは、これらの働きが不十分で、邪気が排泄されないからです。

            ↑発汗

           汗腺 間質液

      ___↑ ______ ↑ ______ ↑___

    ------    ----     ----    ------

毛細血管静脈部   ↑  毛細血管動脈部

             間質液

 発汗によって失われた循環血液は、主に、肝臓から放出される血液によって補われます。その結果、心臓へ戻る血液が確保され、必要な血液が邪気のいる行編部へと送られます。肝臓へは固有肝動脈以外に門脈からも血液が供給され、肝血液量は保持されます。

 大棗は、脾胃、肝、心に取り込まれます。従って、桂枝湯を服用すると、主に、生姜が脾胃で、芍薬が肝で、桂枝が心で働き、心から出る血液を調節し、邪気排泄に有効な発汗を支えると考えられます。これが、桂枝湯の主な働きと考えます。また、桂枝湯は、甘草に導かれて、邪気がいる真皮にも集まります。邪気がいる病変部の環境を整えるのも大きな働きと考えます。しかし、発汗作用は弱いので、熱い稀粥を一升ほど啜って、温かく覆う必要があります。 

 *脾がどこにあるのかよく分かりません。漢方薬を服用すると、胃を通り、主に空腸の絨毛から吸収され、門脈を経由して肝臓へと運ばれます。絨毛と門脈は、脾に含まれるのかもしれません。

at 2020/07/28 14:17:43