トップ  > 糖尿病専門医、傷寒論を読み解く  > 今日中に風邪を治してください No3 2020,7.15
受付時間

 9:00~12:30 

14:00~17:30


水曜は18:30まで
受付いたします。

休診日
 木曜・土曜の午後
 日曜・祝日

 
TEL
 092-752-2092

お問い合わせ先

〒 810-0001
福岡県福岡市中央区天神4-4-30
天神西江ビル1F

  • 電話:092-752-2092
  • FAX:092-752-2092

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

今日中に風邪を治してください No3 2020,7.15

 半日程で風邪を治す、そのためには条件があります。1)汗腺(エックリン腺)がある真皮(いわゆる表に含まれる)に邪気が集まっている。2)発汗と共に邪気を体外へ排泄する。今回と次回で2)について述べます。

 発汗により邪気を体外へ排泄する一つの例が、条文12に述べられています。そこには、桂枝湯の使用条件と生薬組成が記されています。陽気が表に集まると、運動エネルギーの亢進により発熱し、表の(陽‐陰)>裏の(陽‐陰)となり、悪寒悪風します。鼻鳴り乾嘔するのは、太陽膀胱経の兪穴(風門や胃兪など)が邪気の影響を受けていることを示しています。そして、表の陰弱による発汗では、必ずしも邪気は排泄されないようです。それでは、桂枝湯はいかにして、発汗と共に邪気を体外へ排泄するのでしょうか?

 条文12に、太陽の中風は陽浮にして陰弱。陽浮の者は熱自ら発す。陰弱の者は汗自ら出ず。嗇嗇として悪寒し、淅淅として悪風し、翕翕として発熱し、鼻鳴り乾嘔する者は桂枝湯之を主る。

at 2020/07/15 18:15:50