トップ  > 糖尿病専門医、傷寒論を読み解く  > 眠れないので薬をください No2 2020,8.12
受付時間

 9:00~12:30 

14:00~17:30


水曜は18:30まで
受付いたします。

休診日
 木曜・土曜の午後
 日曜・祝日

 
TEL
 092-752-2092

お問い合わせ先

〒 810-0001
福岡県福岡市中央区天神4-4-30
天神西江ビル1F

  • 電話:092-752-2092
  • FAX:092-752-2092

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

眠れないので薬をください No2 2020,8.12

黄連阿膠湯は、黄連、黄芩、阿膠、白芍、鶏子黄からなる方剤です。服用すると、以下のように働くと思われます。
      口
      ↓
      ↓          肺⇄心-----------→
1)黄連 胃            3)黄連     4)阿膠
      ↓               鶏子黄      鶏子黄
       脾(主に空腸) ------→
                    2)黄芩                         ---→:門脈
                                                白芍                         → →:大静脈
                                                阿膠               ---→:大動脈

1)黄連で胃熱を胃内へ排泄する。
  鶏子黄は胃の滋陰に関与するかもしれない。
2)黄芍で肝胆経の熱を主に便とともに排泄する。
  白芍は、肝血を保持し平肝する。
  阿膠は、失われた肝陰を補う。
3)黄連で心熱を心内へ排泄し、鶏子黄で滋陰する。
4)滋陰する。

 心熱が去り、脳の熱が去ることで眠る環境が整うことになります。腎陰不足は無くても、ストレスなどで肝陰を消耗し、不眠になった場合にも有効と思われます。もし、病的な気が胃壁に侵入したら何が起きるのでしょうか?

at 2020/08/12 12:11:57