トップ  > 糖尿病専門医、傷寒論を読み解く  > 便が出ません。薬をください No2 2020,10.7
受付時間

 9:00~12:30 

14:00~17:30


水曜は18:30まで
受付いたします。

休診日
 木曜・土曜の午後
 日曜・祝日

 
TEL
 092-752-2092

お問い合わせ先

〒 810-0001
福岡県福岡市中央区天神4-4-30
天神西江ビル1F

  • 電話:092-752-2092
  • FAX:092-752-2092

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

便が出ません。薬をください No2 2020,10.7

調胃承気湯は、大黄、芒硝、甘草からなる方剤です。服用すると、以下のように働くと考えます。
       口
       ↓
       ↓
      胃内  大黄:胃の微小血管を拡張し、陽気(熱)を胃内へ
               排泄する
           芒硝:胃壁の邪気(陽気を引き寄せる物)を、水と
               共に胃内へ排泄する
           甘草:生薬を胃に留め、清熱作用を高める
 微熱や胸部の不快感などがあり、便は硬くはないが出にくい場合に適しています。胃壁での熱の鬱滞が続くと、大腸へ流れる陽気が増えていきます。便が硬くなり、いわゆる便秘となる過程について、次回考えてみます。

at 2020/10/07 14:44:00