トップ  > 糖尿病専門医、傷寒論を読み解く  > 眠れないので薬をください No4 2020,8.26
受付時間

 9:00~12:30 

14:00~17:30


水曜は18:30まで
受付いたします。

休診日
 木曜・土曜の午後
 日曜・祝日

 
TEL
 092-752-2092

お問い合わせ先

〒 810-0001
福岡県福岡市中央区天神4-4-30
天神西江ビル1F

  • 電話:092-752-2092
  • FAX:092-752-2092

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

眠れないので薬をください No4 2020,8.26

猪苓湯は、滑石、茯苓、阿膠、猪苓、沢瀉からなる方剤です。服用すると、以下のように働く思われます。

      口
      ↓
      ↓            肺⇄心------>
1)滑石  胃                    3)阿膠
  茯苓 ↓                       猪苓
      脾(主に空腸)---->肝            沢瀉
                 2)阿膠       ----->:門脈
                             → →:大静脈
                             ----->:大動脈
1)滑石と茯苓の働きで、邪気(病理産物)を門脈に導く。
  その結果、邪気が消え、脾胃の機能も正常化する。
2)門脈血の流入が減り、肝陰は不足していると思われる。
  阿膠は、失われた肝陰を補う。
3)邪気により失われた腎陰を阿膠で補い、猪苓と沢瀉で邪気を腎膀胱から排泄する。
 心熱が去り、脳の熱が去ることで、眠る環境が整うことになります。胃を襲ったのは病的な気でしたが、ウイルスなどの病原体だったら、睡眠障害は起きるのでしょうか?次回、小柴胡湯、大柴胡湯、小青竜湯について考察していきます。

at 2020/08/26 17:15:38