トップ  > 診療日誌  > 糖尿病患者さんのぎっくり腰、対処法 2017, 5.25
診療時間
 9:00~18:00
(お昼休憩) 13:00~14:00

水曜は19:00まで
診療いたします。
 
休診日
 木曜・土曜の午後
日・祝日
 
TEL
 092-752-2092

お問い合わせ先

〒 810-0001
福岡県福岡市中央区天神4-4-30
天神西江ビル1F

  • 電話:092-752-2092
  • FAX:092-752-2092

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

糖尿病患者さんのぎっくり腰、対処法 2017, 5.25

 軽い荷物を持ち上げたら、ぎっくり腰になった。整形に行く時間もなく、我慢できそうな痛みだったのでそのまま様子を見ていた。2週間経っても痛みが消えないので、予約日前に来院した。この糖尿病患者さんには、ぎっくり腰の対処法をお話しました。

 1)ぎっくり腰になった時、炎症を抑えるために痛み止めを飲む。2)前後屈が痛いなら、水溝穴を押し揉みながら前後屈をしてみる。痛みが和らぎ楽になります。3)左右に動かすと痛いなら、腰痛点穴などを押し揉みながら左右に動かしてみる。痛みが和らぐなら、経過を見ましょう。当然、痛みが消えないこともあります。整形外科の病気のこともありますが、そうでないこともあります。もしそうなら、打つ手はあります。

 ぎっくり腰が治っても、安心してはいけません。腎が弱っている糖尿病患者さんは、再発することが多いからです。予防するための有効な薬や方法があります。

at 2017/05/25 13:44:14