トップ  > 診療日誌  > 糖尿病専門医が作る糖尿病食, 魚料理 No1 2017, 7.27
診療時間
 9:00~18:00
(お昼休憩) 13:00~14:00

水曜は19:00まで
診療いたします。
 
休診日
 木曜・土曜の午後
日・祝日
 
TEL
 092-752-2092

お問い合わせ先

〒 810-0001
福岡県福岡市中央区天神4-4-30
天神西江ビル1F

  • 電話:092-752-2092
  • FAX:092-752-2092

ケータイサイトQRコード

RSS1.0    RSS2.0 

糖尿病専門医が作る糖尿病食, 魚料理 No1 2017, 7.27

 糖尿病(2型)の治療とは、体への負担が少なく、栄養豊富で美味しい食事をすることだと考えます。私が学び、そして実践してきたことをお知らせしていきたいと考えています。今回は、ペペロンチーノに合う魚料理について。
 鮭、オリーブオイル、アーモンド、マッシュルーム、レモン、白ワイン、塩、胡椒を揃える。オリーブオイルは安くなく高くもないエキストラバージンオリーブオイルを選ぶ。ワインは辛口のものを選ぶ。鮭に塩胡椒し、みじん切りにしたアーモンドとレモンの皮をまぶす。フライパンにオリーブオイルを入れ熱し、鮭を加えて両面をこんがり焼き皿に盛る。同じフライパンに白ワインとレモン汁を入れ煮詰め、オリーブオイルを混ぜて鮭にかける。フライパンでマッシュルームを焼いて、鮭に添える。
 体への負担に責任を負うのは、鮭とアーモンドの組み合わせです。2種類のタンパク質食品を食べると、体に負担をかけます。しかし、ナッツの量は少なく特に問題ないでしょう。鮭を美味しく食べることを優先します。鮭1切れは、男性には少なめかもしれません。オリーブオイルは、ペペロンチーノにも使うので無視できなくなります。大さじ1以内にしましょう。
 美味しさに責任を負うのは、鮭にまぶす塩の量とソースです。白ワインは辛口を選びましょう。ワインとレモンの量、煮詰め方を試してみてください。

at 2017/07/27 12:51:59